婚活は疲れない程度に行うのがいい

dnb_00

私は以前、結婚相談所を利用していて、婚活疲れという状態になったことがあります。

何度アプローチしてもうまくいかないと、自信がなくなって自暴自棄にもなります。

顔もやつれてきて負のオーラを発散させるのでしょう。

男性からアプローチを受けなくなり、たまにパーティーに参加しても最後は取り残されます。

早く結婚したいというオーラが伝わってしまうので、躊躇してしまうのでしょう。

そんなときは、婚活を休止するのが一番だと思います。

私の場合も、このまま続けてもいい結果にはつながらないと思い、2ヶ月ほど休みました。

気分転換をして顔色がよくなると、再びアプローチを受けるようになりました。

気持ちが前向きでなければ、何をやっても失敗するという話は本当です。

それからの私は、無理をせずにイベントに参加するようになりました。

早く結婚したい気持ちはありましたが、焦っても逆効果になるとわかったのです。

1ヶ月という厳しい期間設定もしていましたが、6ヶ月に延ばしたことで気楽になりました。

期間設定は止めようとも思いましたが、期限を決めないとダラダラしてしまうと思ったのです。

コンサルタントに相談したときも、期限は決めたほうがうまくいくと言っていました。

今のパートナーが見つかったのは、婚活を再開してから2ヶ月目のことです。

データ上の相性は普通でしたが、実際に会って話すとフィーリングがバッチリなのです。

相手を知るには会話以上の方法はないと思いました。